ソラのメモ

アクセスカウンタ

zoom RSS カタコンベ

<<   作成日時 : 2007/10/10 22:46   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ソラ画像:アッピア街道 より
画像

ローマから750kmもの石畳の道路で、その一部の両脇は小さな薄いレンガを積み重ねた分厚い塀が延々と続きます。
石畳と塀、それだけでもいかに膨大な数の石やレンガが使われたか、想像するだけで人間業ではできないことと思えます。

この近くに、地下に全長12kmの地下墳墓(カタコンベ)と呼ばれているものがありますが、お墓にするだけのために、一気に10m以上深く堀り下がったり、延々と12kmもの地下道兼地下室を作るでしょうか?
地下には大小さまざまな棚があり、ここで羽根のあるイシジン(天使)が作られ、支配星に言うことを聞かないとココに戻すと、脅かされたというのに、ふさわしい場所と思えます。

*********************************************************

2006年6月29日の情報 より

(今朝、↓のことを掲示板で知りました)
#)驚くべきローマの地下遺跡
http://nng.nikkeibp.co.jp/nng/
より
http://nng.nikkeibp.co.jp/nng/feature/0607/index2.shtml
http://nng.nikkeibp.co.jp/nng/feature/0607/f_2_zoom1.shtml
http://nng.nikkeibp.co.jp/nng/feature/0607/f_2_zoom3.shtml

驚くべき光景です。
ローマはどこを掘っても遺跡が出てくるとは言われていましたが、本当にすばらしいモノが出てきました。
地上の建築物だけでも、人間業とは思えないのに、このような地下建築物が、人口の少なかったローマ時代にできたでしょうか?
地下水道といえば、ポーランドの映画「地下水道」では、ワルシャワの街中は迷路のように地下水道があり、第二次世界大戦後、ソ連に対してのレジスタンスがこの地下に立てこもって戦った悲劇の映画が有名です。
この映画を見て、人間が立って歩けるだけの大きな地下水道が迷路になるほどあるというのは、現代に入ってから造られたと思っていましたが、これもローマ遺跡と同じと思えます。
それにしてもどうしてこのようなニュースがマスコミに出てこないのでしょうか?
同じくカタコンベも私はローマ郊外のサン・カリストを見ただけですが、地下数10mまでほぼ垂直に硬い岩盤を掘り進んだ所に、不規則な部屋がたくさんあり、これも人間のお墓にするだけならとても不自然です。
丁度カツパドキアの小型のようなものでした。
カタコンベはローマ、シチリア、ナポリ、ジェノバなどのイタリア国内だけでなく、マルタ、北アフリカ、中近東諸国にもあるようです。

**********************************************************

2007年10月5日の情報
 より

#)カタコンベ
掲示板より
「カタコンベ」10月6日より上映されるホラー映画
パリのカタコンブを舞台に描いたアメリカ映画で元X-JAPANのYOSHIKIがメインテーマソングを作曲。
このような地下建築物をホラー映画として使うのもイヤです。

http://sora.ishikami.jp/diary/index.php?id=20060629211920
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%96

を見ていると。
「積んでいる石垣はイシジンを証明しています?
丸い石は頭蓋骨になるようにイシカミの原子に言ったのでなったのです。
(ラップ音)
それは地球がイシカミたちの身体で固まっており、人間はその上で暮らしていることを知らせているのです。
頭蓋骨は言われたとおりになったイシカミの原子たちです。
(頭蓋骨にならないで)丸い石になったのは止まることが出来なかったからです。
それは目や口の部分は凹まなければならないのに、そのまま増え続けたからです。
ただそれだけのことなのです。
頭蓋骨は生きていた人間の頭蓋骨ではありません。
イシジンは死ぬことは新しく生まれ変われると思うので嫌ではなかったのです」
(頭蓋骨は生きていた人間の頭だったと思って恐怖を与えようとしているが、カタコンベはもっと深い意味のあるものであることを知らせているようです。
又、フランスのカタコンブはパリの地下にあり、800万もの頭蓋骨があるそうです。
本当の頭蓋骨もあるかもしれませんが、このような情報もあると言うことです。
同じ理由でフランスの地下には340kmの地下道が無数に走っているそうです。地下の石灰を掘り出して地上の建物が造られたようにTVでは言われていますが、補修や増築に切り出されたそうです。
20mの地下から掘り出してパリの街が造られたとは無理が有ります。
元はイシジンが形になって造っていたのを、補修や改築に使ったそうです。
パリの建物はやはり5,6階建ての石造りでトイレがないので窓から捨てていたそうですが、そのための溝が残っている通りも有りました。
そしてイシジンを知らない頃にパリを見ていても全く気づかなかったですが
とても沢山の石像があるのに改めて気づきました。)


地球の謎解き/ソラからの伝言】 さんより




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

カタコンベ ソラのメモ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる